ポイントを抑えてファリネを正しく使おう!

ここではファリネの効力を最大限に活かした使い方を解説していきます。
間違った使い方も例としていくつか挙げていきますから、
手汗を抑えるためにも実践してみてください。

 

 

ファリネを正しく使うために抑えておきたいポイントは?

 

 

手汗の対策のためにファリネを使ったのに、思ったような効果がなかったという人はいます。

 

でもそれはファリネに効果がないという事ではなくて、ちゃんと使えていなかったという可能性が高いです。なので、ファリネを正しく使う方法を解説していきますから、手の汗でお悩みの方はかくにんしておくといいでしょう。

 

  • 最初に手に付いた汚れを石鹸などを使ってきれいに落としておく
  • タオルで水分を拭き取ってから、ファリネのふたを開けて、ポンポンと手のひらに乗せてみる
  • それから両方の手のひらを合わせてよく揉み込みます。(指の間もきちんと馴染ませましょう)
  • 制汗効果を持つナノイオンの微粒子が手汗を吸収してくれて、麻セルロースが手のひらの水分の量を調節してくれる。

 

基本的には制汗パウダーを手のひらに付けて馴染ませるだけですから、そう難しい事ではありません。有効成分がお肌に浸透する事によって、2〜3時間にわたって、手汗が出て、手のひらがベタベタになる事を防げます。

 

パッティングをこまめにするのがポイント

 

ファリネに含まれる成分には安全性の高いものが使われています。なので他のクリームやパウダータイプの制汗剤よりも、効果の持続が短くなっています。なので「もし途中で切れてしまったらどうしよう」とお悩みの人はパッティングをしてみてください。

 

  • 朝、出かける前にパッティングを1〜2回ほどしてみる
  • 外出中に手汗が気になったタイミングで馴染ませてみる
  • 夜寝る前にもパッティングを1〜2回しておく

 

こんな感じで出1日に何度も使うのがポイントで、手汗を防ぐための効果を最大限に発揮してくれます。パウダータイプだとお肌に残る時間が短く、手を洗った時点で落ちてしまいますから、何回も使わないといけませんね。

 

手汗そのものを完全に制御するのは難しいと思いますが、正しく使う事で手汗の量を少なくすることは出来ますから、ファリネを是非一度お試しいただきたいです。

 

こんな使い方はダメ!ファリネの間違った使い方

 

  • 1回に使うパウダーの量が少ない→量を惜しんでいると制汗作用も落ちてしまい、手汗を減らすことが出来ません。
  • 使う時にスポンジを湿らせている→スポンジが湿っていたら、パウダーの出も悪くなってしまいます。
  • 手のひらだけに馴染ませている→汗腺は全身にあるので手の甲や指の間などにもバランス良く使って見ましょう。

 

正しく使っていれば、毎日の生活の習慣にも出来て、手汗に悩むことなくサラサラ状態を長時間他保ってくれたりします。

 

使っている人の役92.3%の人たちがこの製品に満足する制汗剤となっていて、合成香料やパラベンといったお肌に刺激の強い添加物の類は一切使っていませんから、お肌のトラブルの心配なく手汗への対策が出来るようになります。

↓↓↓初回70%OFFのキャンペーン中!↓↓↓

70%OFFキャンペーンの詳細はこちら