ファリネは一体どれぐらい持ってくれるの?持続時間を長く保つには?

ファリネを使った時に持続する時間は、大体2〜3時間ぐらいが目安になっています。ちょっと短めな気がしますが、その分安全性が考慮されています。それでも少しでも長持ちさせるための方法を解説します。

 

 

ファリネがもつのはどれぐらい?

 

手麻や腋汗などの対策に制汗剤はどれぐらい持ってくれるのかが気になる人は多いのではと思います。

 

  • 自足時間が短い制汗剤を使う
  • 外出時に何度も付け直さないといけない
  • コストが掛かる上にケアも面倒くさい

 

効果の薄いものだとこんな不満点が出てきますから、比べる上では持続しくれる時間が長くなってくれるかは大事なところです。

 

パウダータイプであるファリネだと大体2〜3時間ぐらいとなっていますから、一度塗ったらその日1日はサラサラ状態をキープしてくれる・・・というわけではないようです。

 

長い時間が経過したり、手を洗ったりなどしてしまったらその制汗効果は薄れていきます。でもいくら持続時間が長くても、それだけで優秀な制汗剤というわけではありません。持続の時間が長いという海外製品を使う上での困った点をまとめました。

 

  • 汗を長時間かかせないために、身体にあまり良くない成分を使っていることが多い
  • 使ったら赤く腫れたり、痒くなってしまったりと、肌荒れが起きやすくなる
  • 乾燥肌や敏感肌をお持ちの方には特にダメージが大きい

 

対するファリネだと、成分は効果が穏やかなものが使われていて、お肌へのダメージのリスクを気にすることなく安全安心に使う事が出来ます。塗ってすぐ手汗でべた付いているのがサラッとした快適な感じになりますから、是非ファリネで手汗対策をしてみるといいでしょう。

 

ちょっとでもファリネを長持ちさせるには?

 

ファリネの効果をちょっとでも長く持たせるために、どういった点を気にすればいいのかをまとめて解説していきます。

 

  • パウダーがパフに馴染むまでに10回ほどポンポンっとパッティングしてみる
  • 塗るのは手のひらだけでなく、指の間などのうっかり忘れがちな箇所にも塗りましょう。
  • 1回の持続が短いので、こまめに何度も塗り直しておきましょう。

 

いくら1回の効果が長くないとはいっても、会議中やらデートやら、車の運転中1時間ぐらいといった状況に合わせて使っていけば特に問題はないと思います。

 

手に汗をかきやすくて悩んでいる女性の皆さんのお気持ちはよく分かりますが、汗というのは、ただ無意味に体から出ている物ではありません。

 

私たち哺乳類は生きるために外の気温に関係なく、一定の体温を保っていかなくていけません。体温が上がりすぎたら汗をかくことで体外に熱を逃がして体温を正常に保つことが人間が汗をかくことの目的です。

 

もし汗がまったく出なかったら、体温の調節が出来なくなりますから、ファリネでなくても制汗剤は、ここぞというポイントで使うのがいいでしょう。

 

ファリネはパウダータイプですから手を洗ったら落ちてしまいますが、それに対する油分の多いクリームタイプの制汗剤には、以下の問題点があります。

 

  • べた付くので残留感が残り、思わず手を洗って流してしまいたくなる
  • 制汗効果が強すぎるので、肌荒れが起きやすくなってしまう

 

ファリネの成分は、効果のみは無くお肌の安全性にももだわっていますから、一度お試しで使って見るのもいいかと思います。

↓↓↓初回70%OFFのキャンペーン中!↓↓↓

70%OFFキャンペーンの詳細はこちら